今冬のインフルエンザワクチン接種のお知らせ

2020年9月17日
 今冬のインフルエンザワクチンは、新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、関心が高くなっております。お住まいの区役所からの、インフルエンザ接種の書類が届きましたら、主治医へご相談し、早めに予約、接種をお願いいたします。また、こまめな手洗いをよろしくお願いいたします。
  9月11日厚労省のお知らせを、かんたんにまとめます。
  1. 原則65歳以上の方々でインフルエンザワクチンの接種を希望される方は10月1日から接種を行いたい

  2. 10月26日以降は、医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する方、妊婦、乳幼児(生後6カ月以上)小学校低学年(2年生)の方々で、インフルエンザの接種を希望される方に対して、接種を行いたい
詳細は厚生労働省のホームページをご覧になるか、または同省の資料をダウンロードしてご確認ください。
  厚生労働省のホームページはこちらから
→    季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い

厚生労働省資料ダウンロードはこちらから
→    季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い
▲  前のページに戻る





新しい生活様式における熱中症予防行動のポイントについて

2020年8月7日
1.暑さを避けましょう
  エアコンを利用し、部屋がいつも快適な温度になるように調整しましょう。
エアコン使用中も、感染予防のために、こまめな換気が必要です。
また、熱い日は、絶対に無理をしないようにしましょう。

2.適時マスクをはずしましょう
  マスクをしていると、熱が体の中にこもりがちになります。屋外で他の人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合は、外しましょう。

3.こまめに水分補給をしましょう
  のどが渇く前に水分補給しっかりと! 1日あたり1.2リットルを目安にしてください。

4.日頃からの健康管理をしましょう
  日頃から体温測定などをして、健康をチェックするようにしましょう。
体調の悪いときは、絶対に無理せず、自宅で静養しましょう。

5.暑さに備えた体つくりをしましょう
  水分補給を忘れずに、適度な運動を心がけましょう。


厚生労働省の関連資料はこちらから→    「新しい生活様式」を健康に!
▲  前のページに戻る